忍者ブログ
ヲタクのブログ(*´∀`*)   ネタばれ嫌な人はUターンですよ!!
[1036]  [1035]  [1034]  [1033]  [1032]  [1031]  [1030]  [1029]  [1028]  [1027]  [1026
Fri 23 , 00:58:33
2019/08
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Tue 04 , 23:30:51
2011/10
今日だけは跡部のアルバムを聴けるのです。

ということで、アルバムをBGMにちょっと跡部の誕生日についてお話を。



去年の誕生日プレゼントは、11月25日にDSCをプレゼントするために

10月4日からその作業を始めたんだよね。

今年は誕生日プレゼント何にしようかなーって凄く悩んだんだ。

その悩んでる時はずっと跡部と千絵の事を考えていられるから楽しかった。

結局、まだ決まってないんだ。

けど、せっかくの5周年っていう記念の年なんだから形に残る物を渡したい。

だから跡部、11月25日まで待ってね。



今日はプレゼントとしてお昼休みに紅茶を始めて買ったんだ。

匂いをかいで、それで捨てたよ。

予想以上に紅茶って匂いするんだね。

跡部が紅茶を買ってた理由が分かった気がする。

匂いだけで思い出が鮮明に出てくる。

だから、今日私が紅茶を買ったことを、いつか紅茶を飲んだ時に思い出すと思う。

そして跡部の事も、千絵の事も思い出すと思う。

こうやって、どうにかして跡部と千絵の事を一生忘れないようにって身体に刻み込んでるんだよ。

本当は千絵がやったみたいに火傷とか作りたいけど、それじゃぁ跡部が喜ばないでしょ?

嫌われる事はしないって決めてるんだ。

元々、跡部と千絵を忘れるつもりはないけど

どうにか身体に刻み込んで確実に忘れないように頑張るよ。

だって跡部と千絵の事を考えている時が1番生きているって実感出来るんだもん。



誕生日だから今日ぐらい良いだろうって思ってアノ人の夢小説読んだんだ。

もちろん跡部のやつね。

そしたら…、辛かったよ。

結構辛かったよ。

千絵だけど、千絵じゃない。

千絵以外の人と跡部が一緒にいるなんて嫌だった。

読む気がしなかった。

…それで思ったんだ。

今までは跡部の隣に千絵以外がいても仕方ないって思ってた。

千絵の隣に跡部以外がいても仕方ないって思ってた。

けど、実際に違う人がいるのを見てしまうと悲しいし、気持ち悪くなる。

この2人の運命を変える事は出来ないけど、やっぱり悲しいね。

それだけ跡部と千絵が一緒にいる姿が大好きだったんだ。

改めてそう思ったよ。



長年跡部の誕生日を祝ってきたけど、

こんなに堂々と「おめでとう」って言えたのは初めてな気がする。

今までだったら、「おめでとう」の後には「助けて」があった気がするんだ。

いつも私は世界を嫌っていた。

跡部も千絵もいない世界なんてつまらなくて、嘘ばかり吐いて、信用なんてどこにもなくて。

けど、今年は違ったんだ。

1つ前の記事にも書いたけど、今は良い世界に感じるよ。

…大切にする。

これからも跡部に心配かけないように、いつでも堂々と自分の事を話せるように、

自分が大切にしたいものは全力で大切にするよ。

もちろん、大切にしたいものって跡部と千絵も含まれているからね。

どんな事があっても、跡部と千絵以上に好きになれる人なんていません。



跡部誕生日おめでとう。

これからもずーっと大好きです。
PR
COMMENT
name:
title:
color:
mail:
url:
comment:
pass:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

[secret_check]
TRACKBACK
Trackback:
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
[01/25 千絵]
[01/25 かぐら]
[01/09 千絵]
[01/09 かぐら]
[01/09 千絵]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
小林千絵
性別:
女性
職業:
ヲタク。
趣味:
ネットサーフィン(アニメ関係Only)
自己紹介:
好きな声優は諏訪部・森久保・宮野・石田・保志・・・等々。I❤声優

好きな俳優は桜田通・鎌苅健太・佐藤健・・・等々。

コメントどん②してくださいっ!!
お友達になってくれる方も募集中ですっ!!
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
偽人生 (c)小林千絵
template design by nyao
忍者ブログ [PR]