忍者ブログ
ヲタクのブログ(*´∀`*)   ネタばれ嫌な人はUターンですよ!!
[179]  [178]  [177]  [176]  [175]  [174]  [173]  [172]  [171]  [170]  [169
Thu 22 , 13:49:18
2019/08
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Tue 25 , 22:13:43
2007/09

自己満おお振りラジオを開始しました。

・・・と言っても、続くかは全くをもって不明です。

暇な人は読んでみて下さい。

ぶっちゃけかーなーり短いです。


栄 「5割じゃバントの意味ない。西浦1年生の栄口勇人でーす」
水 「ゴメンなー!!西浦1年の水谷文貴でーす。って、この台詞酷くね!?」
栄 「これってクソレの時だよね。懐かしいなぁ・・・」
水 「栄口、ちょっと親父クサイ発言だぞ」
栄 「あのー、阿部プロデューサー、このラジオって暴力OKですか?」

阿 「栄口、やっちまえ」

水 「ちょっ、タンマ!!栄口ー、笑顔で言うなよなぁ。本気みたいじゃん」
栄 「だって本気だし」
水 「怖っ!!」

泉 「さっさと進めろよー」

栄 「泉から巻けの合図が出てるからさっさとCMに入りたいと思いまーす」
水 (泉、ナイバッチ)

栄 「この番組は モモカンのバイトを助けよう協会 の提供でお送りします」

 

~CM~

 

栄 「まずはこのラジオ名を決めなきゃなんないんだって」
水 「エッ!?それぐらい決めておこうよ」
栄 「それで俺等だけだったらきっと決まんないから、ゲストをお呼びしましたー。どうぞぉ」
田 「なぁ、やっと喋って良いの?黙ってんの辛かった~」
花 「田島にしては頑張ったな。ホレ、ご褒美の飴」
田 「サンキュー」
水 「さっさと自己紹介を・・・」
田 「オフェ、西フワこーこーのやひぅーぶで4はんやってる田島悠一郎!!」
水 「名前だけちゃんと喋った!!」
花 「俺は主将の花井」
栄 「ほら、ちゃんと名前も言ってよ。じゃなきゃ楽しくないだろ」
水 「そぅだぞ!!花井が自分の名前を言うシーンが結構好きなリスナだっているはずだぞ」
花 「・・・梓・・・」
田 「はなふぃー、がんぱったなー。こふぇあげる」
花 「ちょっ、田島・・・っん・・・」

沖 「放送事故中です。少々お待ちください」

栄 「花井・・・生きてる?」
花 「・・・ギリギリ・・」
田 「せっかく飴あげたのに~。出すなんて酷いぞ~」
水 「ぃゃ~、初っ端からバカップル見せ付けられちゃったなー」
栄 「だなー。このバカップルめ!!」
田 「ヤベー!!バカップルにバカップルって言われたー」
花 「お前等2人の方がバカップルだと思うぞ。このラジオのパーソナリティも「2人でなら良いぜ」とか言ってたじゃん」

阿 「よしっ、良いぞ!!こぅぃぅ腐要素があるネタは視聴率がグングン伸びる」
三 「阿、阿部君・・・怖いっ」

水 「まぁ俺等もバカップ―――」
栄 「違うぞ2人共。俺等はまず、カップルじゃない」
水 「ぇえ~!!そこからかよ~」
栄 「な、水谷?」
水 「・・・ゥン・・・ぐすっ」
花 「音にして「ぐすっ」とか言うなよ。キモイ」
水 「だって音じゃなきゃ解んないって西広先生が言ってたんだもん」
田 「でもキモイ」
水 「皆して俺の事を・・・」

西 「そろそろ台本に戻ってよー」

栄 「という訳で2人にゲストとして来て頂きました」
田 「改めてよろしくっ☆」
栄 「さっそくラジオ名を考えたいんだけど、なんか良いのある?」
田 「ハイハイハイハイハーイ!!!俺、考えてたんだぜ☆」
水 「なに?言ってみてよ」

田 「クソラジオ

栄 「・・・花井。あとは頼む」
花 「た、田島、それってなんかの略?」
田 「うん。クソレフトがパーソナイティをやっているラジオ。略してクソラジオ」
水 「それヒドッ!!」
田 「じゃぁ糞ラジオ」
水 「もっと酷くなってない!?」
栄 「そのラジオ名って完璧に俺の存在忘れられてるよね・・・」
水 「大丈夫!!栄口は誰よりも輝いてるよ!!」

阿 「クソレを黙らせろ」
泉 「けど、これ系のネタは視聴率が取れるんじゃなかったのか?」
阿 「俺がムカつくから止めさせるだけだ」

花 「ゴホンッ、ぇーっとクソラジオってのは駄目だと思うから他のを考えようぜ」
田 「クソレとセカンドのラブラブラジオとか?」
水 「ラブラブラジオが良い~!!」
栄 「まずラブラブじゃないし。それに田島もそろそろポジションから離れたら?」
花 「このラジオ、野球に関してはあまり触れないっつってたからな」
栄 「やっぱり名前から考えるのが無難じゃない?」
花 「栄口と水谷かぁ・・・。共通点がわからねぇなぁ」
全 「う~ん」

巣 「全員で考え込んだらラジオが進まないだろ」
西 「俺考えたんだけど、勇人と文貴から取って、勇気ラジオなんてどう?」

水 「キって読むけど、俺の漢字入ってないじゃん!!」
花 「別に良いんじゃねぇの?水谷だし」
田 「そうだよな。水谷だし」
栄 「だよな。水谷だもん」
水 「お前等さっきから酷すぎっ!!」
栄 「じゃぁこのラジオは「勇気ラジオ」に決定な!!」
花 「ラジオ名決めるために俺等がゲストで来たのに結局決めたの西広じゃん」

 

~CM~

 

栄 「流石は勇気ラジオだな。もぅ終わりだってよ」
水 「まぁラジオが出来るってだけで凄いと思うんだけど・・・」
花 「そぅぃぇば、このラジオをやる理由って言ったか?」
水 「言ってなかった!!」
花 「今、さっさと言っちゃえ!!」
水 「え~っと、このラジオ、勇気ラジオは、え~っと、モモカンが・・・モモカンが・・・金の?募金?・・・ゴメン、なんだっけ?」
栄 「水谷、そんなんじゃ阿部にクソパって呼ばれるぞ」
田 「俺等の監督やってるモモカンっていう人が俺等のためにバイトを沢山やってんだよ。だから勇気ラジオをやってモモカンのバイト数を少しでも減らせないかって事で始めたんだ」

全 「田島カッケー☆

栄 「流石は田島だな!!決める時は決めるってぃぅか」
花 「良い所を取っていくってぃぅか」
水 「ん~、とにかく格好良い!!」
田 「サッンキュー☆」
栄 「どこかのクソパとは大違いだな」
水 「栄口~、クソパなんて呼ばれてんのこの世で俺しかいないじゃん・・・」
田 「花井ー、俺頑張ったからご褒美にチューしてよ~」
花 「なっ!!おまっ、や、やる訳ねぇだろ!!」
田 「は~な~い~」

三 「そろそろ、じっ、時間に・・・」

水 「おっと、もぅ終われだってさ」
花 「なんで何もしてねぇのに、こんな疲れてんだろ・・・」
栄 「次回も気が向いたらするって阿部Pが言ってたよ」
水 「次回からはちゃんとコーナーを作るってさ。今、泉と阿部と西広先生が考えてるもん」
栄 「まだラジオやってんのに・・・」
田 「じゃぁ俺、もぅ1回ゲストでくる~」
花 「まぁ又クジ引きだな」
栄 「よーし、そろそろ終わるぞー」

水 「西浦ーぜ!!
全 「ナイバッチ!!」

栄 「この番組は モモカンのバイトを助けよう協会 の提供でお送りしました」

PR
COMMENT
name:
title:
color:
mail:
url:
comment:
pass:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

[secret_check]
TRACKBACK
Trackback:
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
[01/25 千絵]
[01/25 かぐら]
[01/09 千絵]
[01/09 かぐら]
[01/09 千絵]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
小林千絵
性別:
女性
職業:
ヲタク。
趣味:
ネットサーフィン(アニメ関係Only)
自己紹介:
好きな声優は諏訪部・森久保・宮野・石田・保志・・・等々。I❤声優

好きな俳優は桜田通・鎌苅健太・佐藤健・・・等々。

コメントどん②してくださいっ!!
お友達になってくれる方も募集中ですっ!!
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
偽人生 (c)小林千絵
template design by nyao
忍者ブログ [PR]